健康レシピ

降圧剤と高血圧の関係

現在の医療業界では上がおよそ140mmHg前後、下がおよそ90mmHg前後を大きく超えている状態を高血圧と呼んでいます。
高血圧が続くと血管に負担がかかり、身体全体に多くの悪影響を及ぼしてしまうことはご存じのとおりです。
降圧剤には様々な種類がありますが、日本で最も一般的に処方されているのがカルシウム拮抗薬です。

血管内部の筋肉をほぐして血管が収縮するのを防ぎ、血圧が一度に流れる量を増やすことによって血圧を下げるというです。
血圧が高い状態が長続きすればするほど、動脈硬化や脳卒中の危険性が高まるため、診断されたら直ちに降圧剤を服用することをお勧めします。
また、カルシウム拮抗薬には動悸、火照り、疲労感などの副作用があることを忘れてはいけません。
そしてグレープフルーツと一緒に取ると食べ合わせが悪く、血圧が下がりすぎて危険になる等、私たち素人には分からないような副作用があります。
服用の際にはキチンと医師の診断を受けましょう。

血圧は運動や食生活改善によって自然に下げることベストです。
降圧剤は一時的に血圧を下げる効果しかないため、日常的に飲むことによって高血圧が改善するということはないのです。
一度損なってしまった健康を取り戻すことは非常に大変です、健康なうちに努力しておく必要がありますね。