健康レシピ

メディカルアロマテラピーと高血圧の関係

現代の日本では生活習慣病は社会問題の一つとなっているほど、危険視されている問題です。
不規則な食活や生活リズムのバランスが崩れることにより、身体に様々な悪影響を及ぼすのです。
例えば高血圧が招く疾病は主に、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などが挙げられます。
どれもテレビや雑誌等メディアで取りざたされているような、恐ろしい症状の引き金に高血圧はなってしまうわけですね。

さて、高血圧などの生活習慣病はかかってから治療するよりも、かからないように予防することが必要です。
具体的には食生活の改善や適度な運動が主な予防法でしたが、近年ではアロマテラピーによって血圧を下げる効果があるとされ話題を集めています。

身体を癒す効果があるアロマテラピーを、より医学的なアプローチによって発展させたものをメディカルアロマテラピーと呼びます。
日本では未だ聞きなれない名前ですが、ヨーロッパでは一部の施術に保険が適用されるなど、医学の一つとして認識されています。

血圧は測定する時間帯や状況によって値が大きく変動するものです。
階段を駆け上がり、息切れ状態で測定すれば高い値が出てしまいます。
では、言い換えればリラックスしていれば低い値になる、というのが血圧に対するアロマテラピー効果の理由なのです。
日本でも近い将来、病院でアロマテラピーの治療として扱われる日も遠くないのかもしれません。