WiMAX比較完全ガイド

WiMAXを徹底比較!どこよりもわかりやすく解説

So-netWiMAX

プロバイダ比較

So-net WiMAXの口コミ評判を徹底調査!「端末の無料アップグレード」「初月の料金が無料」の注意点とは

更新日:

契約期間が2年未満のWiMAXが増えている中で、3年という長期契約しか選べないSo-net WiMAXですが、詳しく調べてみると長期契約でも大きな損をしない仕組みができているのが分かります。

「端末の無料アップグレード」「初月の料金が無料」といった特典をしっかりと活かして、少しでもお得にWiMAXを契約しましょう!

 

So-net WiMAXとは?

概要

So-net WiMAXの基本情報
運営会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
月額料金 3,380円~
違約金(最低) 0円(契約更新月)
違約金(最高) 19,000円(1~12ヶ月目)
支払い方法 クレジットカードのみ
初期費用(事務手数料) 3,000円
開通までにかかる日数 最短翌日発送
最大下り速度 758Mbps
契約プラン ギガ放題or通常プラン

So-net WiMAXの運営会社であるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、1995年創業で東証一部上場企業、創業当時からインターネット通信事業を行っている会社です。

親会社はソニーモバイルコミュニケーションズで、さらにその親会社は誰もが知る大企業である「ソニー株式会社」です。

新興企業が多いWiMAX業界では老舗とも言える企業になります。

特徴

  • ずっと変わらない月額料金で分かりやすい
  • 初月無料なので月初に契約するとかなりお得
  • 2年10カ月目以降、最新機種へのアップグレードが0円~
  • auユーザーは auスマートバリュー mineでお得に!

他社WiMAXは、初月のみ非常に安い月額料金を設定し、2ヶ月目以降は1,000円近く値上げしているところが少なくありません。

そのため、見た目だけの安い料金につられて契約したら、想像よりも高い月額料金が請求されてしまう、ということがおきます。

もちろん公式ホームページを隅から隅まで読めば分かるのですが、どこか損した気分になりますよね?

 

その点 So-net WiMAXは、契約が満了になる36ヶ月目まで月額料金が一切変わらないので、想像通りの請求が届きます。

開通月のみ3,000円の請求になりますが、これは契約事務手数料であり、月額料金ではありません。

むしろ、初月の料金が無料なので、月初に契約すると1ヶ月分の料金がお得になります。

初月無料のWiMAXは意外に少ないので、この点だけを見てもSo-net WiMAXは良心的だと言えます。

 

WiMAXの通信をする端末は、新しいものほど通信速度や安定性が向上しています。

そのため古い端末を使っていると回線速度は十分速いのに、実際の通信速度は遅いという事態が発生してしまいます。

So-net WiMAXは、契約から2年10ヶ月経つと最新機種へ無料でアップグレードできるので、常に最高の通信環境を無料で手に入れられるのです。

 

auスマホを使っている方は、auスマートバリュー mineというサービスを活用することで、スマホの月額料金から最大1,000円の割引を受けられます。

年間で考えると12,000円になるので、auユーザーの方には間違いなくSo-net WiMAXがオススメです。

 

注意点

ココに注意

  • 月末に契約すると初月無料を活かせない
  • クレジットカード払いしか対応していない
  • 3年契約しかない

So-net WiMAXは初月の月額料金が無料なので、月末に契約してしまうと丸々1ヶ月分の月額料金を損することになります。

引っ越しなどの兼ね合いもあるので、誰もが契約するタイミングを選べるわけではありませんが、できるだけ月初を狙って契約できるようにスケジュールを調整してみてください。

 

So-net WiMAX の支払いはクレジットカードのみとなっています。

申込みにはクレジットカードが必要となります。

クレジットカードを持っていない方や口座振替にしたい方は別のプロバイダを選んだ方がいいかもしれません。

 

So-net WiMAXの料金プランは、ギガ放題も通常プランもどちらも3年契約のみとなっています。

別のプロバイダへの乗り換えや3年以内の途中解約時には高額な違約金が発生してしまいます。

 

マックス犬
3年間ともなると、新しい機種が次々と発売されるため、できれば短い契約期間で最新機種にアップグレードできるのが理想ですよね。

 

ただし、最近では他の多くのプロバイダでも3年契約が主流となってきているため、So-net WiMAXだけのデメリットとは言えないかもしれません。

So-net WiMAXには「2年10ヶ月以降、最新機種へのアップグレードが0円」キャンペーンもやっています(2019年2月の情報)ので、メリットとも言えます。

 

So-net WiMAXの料金・スペックは

速度

最大通信速度(メーカー公表値)
下り 558Mbps
867Mbps(ハイスピードプラスエリアモード)
上り 30Mbps
75Mbps(ハイスピードプラスエリアモード)

 

現在主流の回線であるWiMAX2+には、2つの通信モードがあります。

通信モード

ハイスピードモード:WiMAX2+回線のみを利用する通信モード
ハイスピードプラスエリアモード:「WiMAX2+回線」と「au 4G LTE(800MHz)」の両方を利用する通信モード

WiMAX2+の電波が入らない場所などでは、通信モードをハイスピードプラスエリアモードにすることで、au 4G LTEの回線を利用することができます。

通信モードをハイスピードプラスエリアモードにした場合、下りの最大通信速度は867Mbpsとなっています。

 

ただし、通信速度はエリアや通信環境、回線の混雑状況などによってもかなり低下する可能性があります。

 

マックス犬
これだけの速度を出せる機能をもっているということですね。

 

また、ハイスピードプラスエリアモードは、ギガ放題プランであっても7GBの通信量制限がかかる本当に特別なモードです。

7GBを超えてしまうと、超低速の128Kbpsへと通信速度が制限されてしまします。

そのため、絶対に通信を途切れさせたくないスポーツ中継の視聴やオンラインゲームを行うときだけ、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えるのが良いでしょう。

 

なお、上りの速度に関しては、YouTubeに動画を投稿する人やFPS系のオンラインゲームを楽しむ人だけ気にすればOKです。

SNSや動画視聴がメインの人は全くと言っていいほど関係ありません

 

料金

So-net 料金プラン

料金プランは2種類

Flat ツープラスギガ放題:毎月どれだけ通信量を使っても通信速度制限なし
Flat ツープラス:月の通信量が7GBを超えると通信速度制限あり

 

月額料金早見表
料金プラン 開通月 1~36ヶ月目 37ヶ月目以降
Flat ツープラス ギガ放題 無料(契約事務手数料 3,000円) 3,620円 4,379円
Flat ツープラス 無料(契約事務手数料 3,000円) 3,020円 3,695円

どの端末でも端末代金と同額の割引が入るので、端末代金はかかりません(0円)

また、月額料金はプランに依存するので、どの端末を選んでも月額料金は同じです。

Flat ツープラスギガ放題と Flat ツープラスの差額は600円しかありませんので、通信量の制限がないギガ放題プランの方がお得感が強くなっています。

 

違約金

So-net 違約金

契約解除料早見表
解約月 契約解除料
契約~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
25カ月目~36ヶ月目 9,500円
37ヶ月目(契約更新月) 0円
38カ月目~ 9,500円

 

So-net WiMAXの契約解除料は、契約プランや購入する端末に関係なくすべて同じ金額です。

違約金が発生しないタイミングは契約期間が満了になる37ヶ月目になります。

このチャンスを逃すと、次の契約満了月まで3年も待たなくてはいけないので、カレンダーアプリに登録しておくなど忘れないように注意しましょう。

 

So-net WiMAXだけ違約金が発生するわけではなく、基本的には他のWiMAXも2年契約か3年契約を採用しているので、契約期間内に解約する場合には違約金が発生します。

スマホや光回線の契約でも同様に違約金が発生するので、インターネット関係は仕方ないと諦めるしかありませんね。

もし、違約金が発生してしまうタイミングでWiMAXを乗り換えたい場合は、Broad WiMAXなどの他社WiMAXからの違約金を負担してくれるところを選びましょう。

 

So-net WiMAXのプラン比較

無制限と7Gプランの違いなど

プラン名 月額料金(1~36ヶ月目) こんな人にオススメ
Flat ツープラスギガ放題 3,620円 動画・インスタグラムを頻繁に見る人
Flat ツープラス 3,020円 スマホの通信制限対策として持つ人

Flat ツープラスギガ放題」と「Flatツープラス」は、月額料金にそこまで大きな差がないので、迷っている方には「Flat ツープラスギガ放題」をオススメします。

2つのプランには、月額料金で600円しか差がありません。ファーストフードなどの安い外食を月に一度我慢する程度の金額で、通信量を気にしなくて良い生活が手に入るならお得だと思いませんか?

 

ただ、通信量に制限がないギガ放題プランであっても3日間で10GBを超えると、最大通信速度が1Mbpsになる速度制限が発生します。

1Mbpsは動画視聴に支障がない程度の速度ですが、普段の速い通信に慣れている方は遅く感じてしまう可能性があるので注意してください。

 

端末を比較

端末の種類 主な用途 発売年 最大通信速度
W06 持ち運び用 2019年1月 1.2Gbps
WX05 持ち運び用 2018年11月 440Mbps
L02 据え置き用 2019年1月 1.0Gbps
HOME 01 据え置き用 2018年12月 440Mbps

 

2019年1月に発売された最新機種である「W06」は、最大速度が1.2Gbpsという超高速通信を実現しているルーターです。

この1.2Gbpsの最大通信速度は、au 4G LTEを利用し、PCなどの端末とUSBケーブルで接続した場合の最大速度であり、WiMAX2+回線を単独で利用した場合の下り速度は 558Mbps になります。

それでも、この速度はWebサイト閲覧や動画視聴にはまったく問題ない通信速度となっています。

 

So-net WiMAX では、どの端末を選んでも端末料金は0円です。

端末選びに迷っている方には、断然、最新機種がオススメ

通信速度を重視する方はもちろんのこと、アンテナの受信感度も大幅に向上しています。

持ち運び用端末を選びたい方は「W06」、据え置き用のホームルータを選びたい方は「L02」を選びましょう。

 

マックス犬
端末で選ぶなら『W06』か『L02』で決まりだワン!

 

ただし、バッテリー性能や連続通信時間に関しては、「WX05」の方が良いです。

外出時間が多い方にとっては、「WX05」の方が良いかもしれませんね。

 

また、「L02」はファーウェイ(HUAWEI)製、「HOME 01」は国産NEC製のルーターです。

通信速度や回線の安定性は少し劣りますが、安心の国産製が良い方は「HOME 01」を選ぶと良いでしょう。

 

auスマートバリュー mineについて

auスマホをご利用の方がSo-net WiMAXを契約すると、auスマホの利用料金が最大1,000円割引になります。

他社で契約しているスマホをこれからauに乗り換える必要があるほどの大きなメリットではありませんが、すでにauスマホをご利用の方はSo-net WiMAXを選ぶ料金的なメリットが非常に大きいです。

マックス犬
au ユーザーにとっては非常にお得なサービスですね!

 

もし、他社WiMAXと迷っているようであればauスマートバリュー mineの有無で比較してみてください。

 

So-net WiMAXのメリット・デメリットまとめ

メリット

  • 月額料金がシンプルで分かりやすい
  • どの端末を選んでも料金が同じ
  • auユーザーは優遇される(au スマートバリュー mine)
  • 2年10カ月目以降、最新機種へアップグレードが0円~

So-net WiMAXは、キャッシュバックや数ヶ月間の大幅な割引がありませんが、「月額料金が36ヶ月目まで常に同じ」という分かりやすさがあります。

多くのWiMAXでは、数ヶ月ごとに細かく月額料金が設定され、さらにキャッシュバックも存在し、結局トータルでいくらかかるのか把握しにくくなっています。

 

最終的な金額が安く収まれば問題ありませんが、忘れてしまいがちな受け取りタイミングに設定されているキャッシュバックのもらい忘れなどで、結果として高くついてしまったというユーザーが後を絶ちません。

月額料金が常に一定で、どの端末を選んでも料金が変わらないSo-net WiMAXはユーザーに優しいWiMAXと言えます。

 

auスマホをご利用の方は、auスマートバリュー mineによってスマホ料金が最大1,000円安くなるのでかなりお得です。

 

WiMAXの端末は、基本的に年明けと夏頃の2度、新しい機種が発表されます。

特に年明けに発表される機種は、昨年の機種に比べて大幅にパワーアップしていることが多いので、快適な通信環境を保つためには年に一度新しい端末に交換するのが望ましいです。

So-net WiMAXは、2年10ヶ月経つと最新機種へのアップグレードが無料でできるので、常に最新とは言えませんが十分に快適な通信環境を維持できます。

 

料金体系が分かりやすく、通信環境の維持も無料で行えるSo-net WiMAXは、WiMAX初心者はもちろんのこと、仕事で使うヘビーユーザーにも強くオススメできるWiMAXです。

 

デメリット

  • 契約期間が3年しか選べない
  • 解約月は日割り計算されない
  • クレジットカード払いのみ

WiMAXに限らず通信関係の契約では、契約期間内に解約すると違約金が発生してしまいます。

そのため契約期間が短いほうが、より良い条件の他社に乗り換えるチャンスが増えます

そのため、2年契約も選べる他のプロバイダと比較すると、3年契約しか選べない So-net WiMAXは少し不利ではあります。

 

ただし、最近では他のプロバイダでも3年契約が主流となってきている中、So-net WiMAXには他社には存在しない「端末の無料アップグレード」が存在します。

また、WiMAXを光回線などの固定回線とは違って、引っ越しをしても使い続けられるので、長期契約でもそこまで大きなデメリットになりません。

 

マックス犬
3年契約が大きなデメリットだと考えている方は、端末の無料アップグレードを考慮してもう一度検討し直してみるのもいいかもしれないワン

 

多くのWiMAXでは、契約月と解約月の月額料金が日割り計算されますので、日割り計算ではなく丸々1ヶ月分の料金がかかるSo-net WiMAXは損をしているような気がしますが、実は損をしていません。

So-net WiMAXは契約月の料金が無料のため、月初に契約して月末に解約すれば、他社WiMAXよりも大幅に安い料金でまとめられます。

日付を気にせず申し込むなら他社WiMAXの日割り計算がお得ですが、仕組みを理解して月初契約・月末解約を徹底すればSo-net WiMAXはどこよりもお得に使えることを覚えていってください。

 

So-net WiMAXの口コミ

いい口コミ

So-net WiMAXの通信速度についてユーザーの口コミを調べてみましたが、「速い」という口コミも「遅い」という口コミもほとんど発見できませんでした。

不満が出てこないということは、安定した通信ができている証拠とも言えます。

悪い口コミ

料金や速度についての悪い口コミは発見できませんでしたが、「端末の誤操作によって通信モードが切り替わってしまった」という口コミを見つけました。

最高の速度を出せるハイスピードプラスエリアモード(ツイートでハイスピードエリアモードと書かれている通信モードの正式名称)は、通信量無制限のギガ放題プランであっても月間7GBの制限が存在します。

この制限を超えてしまうと、通常の通信モードであるハイスピードモードにも速度制限がかかってしまいます。

端末の操作方法を熟知しておけば防げるので、面倒くさがらずに説明書を読みましょう。

説明書で分からないところは、So-net WiMAXのサポートセンターに電話すれば助けてくれますので安心してください。

 

So-net WiMAXの契約の流れ

契約から利用開始までの大きな流れは下記のようになっています。

契約の流れ

  1. エリア判定の確認
  2. ネット or 電話 or 実店舗で申し込み手続き
  3. 端末受け取り
  4. 初期設定
  5. 利用開始

2番目の「ネット or 電話 or 実店舗で申し込み手続き」が少しだけ難しいので、詳しく解説します。

  1. 端末を選択
  2. 端末の色を選択
  3. クレードルの有無を選択
  4. 料金プランを選択(ギガ放題or通常プラン)
  5. 個人情報を入力
  6. 支払い方法を選択
  7. セット商品を選択
  8. サポートオプションを選択
  9. 支払い情報を入力(クレジットカード情報)
  10. 規約を確認
  11. 契約内容の確認
  12. メール配信の有無
  13. 申込み完了

はじめてWiMAXを使う人だと、何を選択したらいいのか分からない項目をピックアップして解説します。

 

1.端末を選択

端末の選び方については、「端末を比較」の項目をチェックしてみてください。

端末の色によって性能の差はないので、好みの色を選びましょう。

端末選びのポイント

W06:持ち運び用、都会で使う機会が多い方
WX05:持ち運び用、都会以外で使う方
L02:自宅の据え置き用として使う方
HOME 01:据え置き用で国産NEC製が良い方

ざっくりとした選び方の基準は上記の通りです。基本的には持ち運ぶかどうかを基準にして、あとは都会メインで使うのかどうかを考えてみてください。

 

3.クレードルの有無を選択

クレードルは機能を持った端末用の充電スタンドのことで、スマホやPCに飛ばす電波を強くしてくれたり、電波の受信感度をアップしてくれる機能を持ったものもあります。

WiMAXの端末を常に身近に置いておく人はそこまで必要ありませんが、部屋数が複数ある間取りの場合はあったほうが良いでしょう。

ただし、「W06」はクレードル非対応です。

 

8.サポートオプション

So-net WiMAXには多くのサポートオプションが存在しますが、基本的にはすべて契約しなくて問題ありません。

ただ、どのサポートオプションにも無料で使える期間があるので、興味がある場合は無料期間だけ試してみてください。

 

それぞれのサポートオプションを簡単に説明します。

<カスペルスキーセキュリティ>

  • 月額500円
  • 最大12ヶ月間の無料期間あり
  • Windows、Mac、Android用のセキュリティソフト

<インターネットサギウォール for So-net>

  • 月額300円
  • 最大2ヶ月間無料
  • インターネット詐欺による金銭被害・個人情報盗難被害の対策に特化した、セキュリティ対策ソフト

<So-net 安心サポート>

  • 月額300円
  • 最大12ヶ月間無料
  • インターネットやパソコンにまつわる疑問や不安を解決する有償のサポートサービス、相談料1件1,200円(毎月1回まで無料)

<So-net くらしのお守り>

  • 月額450円
  • 最大12ヶ月間無料
  • 自宅の水廻り・カギ・ガラスなどの生活トラブル解決をサポートするサービスに、インターネット接続機器の水濡れ・破損の場合の万が一の出費をバックアップする保険をプラスしたくらしのトータルサポートサービス

 

12.メール配信の有無

So-net WiMAXからのメール配信を受けるかどうかを選択できます。基本的には、すべて解除でOKです。

 

まとめ

So-net WiMAX まとめ

  • 月額料金が常に一定で端末による変化もない、誰でも分かりやすい料金体系
  • 契約期間が3年間のみだが、2年10ヶ月で端末の無料アップグレードできる
  • auスマホユーザーは料金面で優遇される

So-net WiMAXは契約期間が3年間のみですが、最新端末への無料アップグレードがあるので、デメリットを最小限に抑えているのが特徴です。

誰にでも分かりやすい料金体系なので、友人や家族に勧めやすくなっています。

auスマホユーザーは、auスマートバリュー mineの活用を忘れずに!

-プロバイダ比較
-, ,

Copyright© WiMAX比較完全ガイド , 2019 All Rights Reserved.